高学年以降のときのいじめの虎の巻

小学校といっても1年生から6年生までありますので、その世代距離も5年もあります。
乱暴にあったといっても、どの世代もおんなじ処置でいいはずがありません。
なので、小学生の高学年以降のときの乱暴の処置を学んでいきましょう。
世代が昇るほど、子どもはゼミナールであったことや、友達のことなどをさほど話さなくなる事が増えます。
以下の事例からいじめられていらっしゃることを両親には話しかけがたくなります。
小さい頃はゼミナールでこんなことがあったよ!といったコメントを通じていただけるが、世代が挙がるによって
両親にも話してくれなくなってくる。
・両親に困惑かけたくない
・いじめられて要ることがダサイと思っている
・自分が悪いからいじめられていると思っている
・両親に言ったら、もう一度ひどい目に遭うかもというリスク
こんなことでどうしても乱暴にあっているに関してを両親には話し掛けないこともあります。
年齢を重ねるにつれて、自分が周りにどうして思われているのかといった知人も気持ちにしだして現れる
層になってきます。
両親として子どもの様式のゆらぎに気づいてやることがとても大切です。
子どもの様式がいま少々違う、というようなことがあったらチェックして下さい。
子どもがゼミナールから帰ってきたら、今日はゼミナールでどんなことがあったのかと聞いて授けることも大事です。
なので、子どもが離さなかったり、そっけなかったり・・
世代的スポットもあるかもしれませんが、少しは乱暴に関するサインかもしれません。
コミュニケーションを大切にしましょう。

よく乱暴をするにはゼミナール側にも役目があるといいます。
それはごもっともだと思うのですが、乱暴がこういう等級における・・というのを先生が
認識した時折、先生はどういった行為を起こすのでしょうか。
それは、そのゼミナールの先生それぞれによるのかもしれませんが、ひとまずの方策としては
乱暴をしている子どもを呼び出し、乱暴を断ち切るように説得をするでしょう。
但し、乱暴は行き詰まりで、先生に注意されたは、乱暴を受けたサイドの子どもが先生に、
言わばチクったについてにつながり、乱暴がより大きくなることもあるのです。
そしたら、乱暴を受けた子どもは、先生からその後乱暴はなくなったかと検討をされたら、
もうされていません・・という嘘を付くしかなくなってしまうと思います。
先生も学徒それぞれを監視している事由にもいかないでしょう。
先生サイドとしては、乱暴をしている子どもを注意することしかできなく、以外に戦法がないのかもしれません。
とどのつまり乱暴というのは、何か気に入らなくて乱暴をしてしまうのでしょうから、
学徒みんなが気安くすればなんのお話も薄い事由なのですが・・
世の中には色んな妬みもあるために、そういった事由にもいかないのかもしれませんね。
ゼミナールサイドとしては、やはり担任の先生だけでは所為なので、全校の先生にその乱暴をしている学徒がどの学徒なのかといった
コメントをし、ゼミナールの先生全体でいじめて掛かる学徒をマークする必要があるかもしれません。http://ジッテプラスは.xyz/