北海道坊やの国々

北海道キッズの国家は、エゾリス、ウサギ、タヌキ、キツネなどの自然小動物もいらっしゃる常識豊かな道筋立都会公園で、232.5ヘクタールという広大な敷地には約80科255材料の樹木や野草があります。
建屋の習性としては、世界の七不思議を縮尺復元した「ふしぎの森」、逗留ワークショップ建屋の「北海道立若者体験取り組み世話建屋ネイパル砂川」、我が国いよいよ高速でUターンが可能となった「砂川高速オアシス」などの建屋があります。

広大な園内におけるヤッホーの森には、キッズの国家にしかない遊具や車椅子も利用できる遊具など、全11基の遊具と湧水路があります。
ヤッホーの森の南側の沢地をホタルの沢と済む、砂川青年カンファレンス部位のOBの皆さんがホタルの観覧会を実施しています。
6,000平方メートルの観覧池には、コイやフナなどが生息し、小道具をあげるといった点を争って寄ってきます。
子供たちにはエビや小魚を手にとって分析望めるゾーンだ。
またキッズの国の石山(標高237メートル)山頂に高さ28メートルのビジョン客席が設けられてあり、晴れた日光の眺望は可愛く、ミドル空知一帯を見下ろすことができます。
こういう他大空の下で気軽にバーベキューをしたり、北海道らしき自然の中でのキャンプを味わうことができます。

隣接始めるオアシス館には北海道各国のお土産節度が揃っていて、高名銘菓のほか夕張メロンなどの農作物、タラバなどの水産物が豊富にお求め安い価格で販売されています。
また北海道の元凶を活かした旨い内容が揃った食堂があって、ジンギスカンを行うこともできます。

道筋央自動車道筋・砂川PA変動線ともに直結してあり、札幌から約50分け前、旭川から約35分の開きにあります。

愛知県内豊田市からぐるっと岐阜県内を通りながら三重県内四日市まで円を描くように開通する予定の東海環状自動車道筋。
その東の角、愛知県内豊田市におけるのが鞍ヶ池高速オアシスだ。

鞍ヶ池モータープールといった隣接するのが大きな鞍ヶ池公園で、見事な美しい緑に包まれた自然に憩う所帯パークだ。
一帯は、愛知原っぱ国定公園に特有され、起伏に富んだ地形を活かした建屋があります。
また、山麓部にあたる鞍ケ池湖畔には、池を一周講じる湖畔歩道をはじめ、全山中芝生の若草山、動物園、ひいては広大な地形を活かした旅牧場などがあります。

2005時3月には第1期再クリーニング工事が完了し、鞍ケ池公園に隣接始める東海環状自動車道筋の鞍ヶ池モータープール(内回りのみ)からも利用することができる高速オアシスになりました。
また、子どもたちのプレイの地盤となる「プレイハウス」や「モータープールビジョン客席」、緑の牧場って一体となった「四季の古里(さと)」などの新建屋が整備されました。

プレイハウスは大きな木の葉をイメージした屋根と2階建ての家が一体となった建屋で、屋根のある部分では外の情勢を感じながら遊ぶことが出来ます。
靴を脱いで加わる院内の「キッズプレイコーナー」はボールジムや滑り台、アスレチックがあり、フリーなのにたっぷりと遊ぶことができます。

大きい公園内に生じる動物園、植物園や旅牧場には、風呂といったパークトレインで移動することが出来ます。
観光風呂は一周約25分け前で、一年中券が利用できます。www.momokoogaki.jp